2006年11月18日

11/18

測定時間 午前 8時 1分間の心拍数 68
脾竜丹 食間 2度 投与
飲水量 750cc

5日前から飲水量の制限をしていません。 したがって一時的に飲水量が普段よりさらに250cc〜300ccほど増えています。
僕が思うに、これからその量が、確実に減ることを確認する為の処置と考えます。

平先生(以下主治医と書く)からの指示によれば・・・・
現在の海は冷え(寒証)、また胃下垂の状態にも似ておると診断。
人間で寒がりだと水を飲まなさそうなイメージの方が強いと思いますが、腎の陽虚証(腎からくる冷え)では、尿量が冷えで増えるため、その代わりに、多渇になる場合もあります。
逆に、のぼせていても、喉が渇く場合があります。当然、喉が渇かないのぼせもあるのです。 

海の飲水量が減ることによる、めざましい治療効果の確認は、脾竜丹を減らしたことおよび腎陽丸の追加、さらには脾陽丹(陽性薬)および補益丸(かなり陽性薬)への変更により、達成できるものと・・・・・・指示がありました。

昨晩から漢方の投与の方法が変わり、5日後にさらに ↑に指示があるように異なる漢方の追加処方により 多飲、過食の順調な改善が見られるようになるとのこと。
主治医の指示は的確であり、今回もその症状の改善に、さらにこの先の期待が膨らみます。

ニックネーム 海パパ at 07:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

11/17

今日から漢方の投与が少し変わる
脾竜丹のみを、一日二回(5日間)。
その後(脾竜丹を減らしてから5日後に)、腎陽丸を新たに加えて、
9日間投与の指示あり

測定時間 午前 8時 1分間の心拍数 70
飲水量  750cc
夜間 飲水 なし
脾竜丹のみ 食間 2度投与

ニックネーム 海パパ at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

11/16

1分間の心拍数  測定時間 午前 8時  67

脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与

昨日から飲水は 今まで制限をかけていたが 自由飲水にするように指示あり
飲水量 750cc

今まで手作り食をして来ていますが、1ヶ月ほど前にストラバイトが出た時、今まで行っていた病院で、市販の療法食(ドッグフード) サプリに切り替えるように指示が出ました。その時に手作り食でどんな食材を与えれば避けることが出来るのかという僕の質問には、明確な回答がもらえなかった。

CIMG1806.JPG

参考までに、今日の朝食材内容です。
ささみ、豚心臓、白米、豆腐、ブロッコリー、白菜、キャベツ、大根、人参、すりゴマ、ミルク、ヨーグルト・・・・  サプリなどなど

今現在まで 1日13種類以上の食材を使用し海の食事を手作りしている僕の考え方に、平先生は、むしろ賛成していただけるし、何よりそれが間違いではなかったこと改めて安堵する。 
何より海がとても喜んで完食する姿を見ることが僕にとって何より嬉しい。 漢方治療にきり変えて10日、毎日一人でボール遊びをするようになっている。 今もこれを書いている足もとで、ボール投げてと僕に持ってきている。  本当に元気にしていることが何より嬉しい。


ニックネーム 海パパ at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

11/15

午前8時 朝食後 心拍数 70

クッシング日誌を公開して、同じこの病気に苦しむお友達が全国にこんなにも多く見えることをひしひしと感じる日々です。 中には信じがたいような事例もあり、医療の信頼性が揺らぎます。

脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与
飲水量 650cc
夜間飲水 1回

ニックネーム 海パパ at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

11/14

1分間の心拍数  測定時間 午前 8時  67
脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与
飲水量 750cc

飲料水、一度火を通して沸騰させ、冷めてから与えるよう指示あり

水の中に陽気を与えるのがポイント。もし、ぬるいままでも飲めるようならなおベターとの説明。



ニックネーム 海パパ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/13

脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与
飲水量 500cc

今までの経過を今まで行っていた病院(西洋医学)に電話。ACTH試験はするように指示される。 やはりあまり好意的な印象はない。 漢方の副作用も指摘される。
              
ニックネーム 海パパ at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

11/10〜11/12

11/10
脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与
飲水量 450cc

11/11
脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与
飲水量 500cc

獣医師 平先生に直接診察、受ける。
過去の色々な経過を伝え、この先の治療方針など長時間にわたり説明を聞かせていただく。 希望がさらに増す。

11/12
脾竜丹,消於丹 2種類の漢方を食間 3度投与
飲水量 450cc

心拍数を毎日測定することを指示される。
1分間の心拍数  測定時間 午前 7時  57
              午前 11時  61
              午後 7時  73

  
多々病院を渡り歩き結果クッシングに使用される西洋医学での薬は、 ケトコナゾール、ミトタン、トリロスタン、この3種であった・・・
がしかし、それ以外にも漢方という選択肢が新たに見つかったこと、 東洋医学獣医師の平先生にも了解を頂き、その経過を記すとこにします。


ニックネーム 海パパ at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

11/6〜11-9 11/6〜11/9

11/6
夕食前に、漢方薬投薬開始
飲水量 450cc

デソパン投与を中止する。 
中止すれば、副腎から出ているステロイドが阻害されず、すぐに、多飲が始まるといわれているが、どうなるのだろう・・・・

11/7
朝、昼、晩 
3度漢方を投与
夜 おもちゃを出してくる こんなことは本当に珍しい。
飲水量 450cc  特に増える気配なし 夜間も要求なし。

11/8
朝、昼、晩 
3度漢方を投与
飲水量 450cc  
昼、夜、おもちゃを出してくる。 こんなにつずけて遊ぶことはこの4ヶ月間では見られないことである。
驚く出来事がある。
下半身背中に広範囲に広がった石灰化した皮膚が、柔らかくなる。

11/9
朝、昼、晩 
3度漢方を投与
飲水量 450cc

即効性といわれた、変化が現実に起きる!
今のところ下痢、軟便なし。

今日もおもちゃで遊ぶ。 3日も続くこと自体驚きである。
石灰化した皮膚の改善傾向が劇的で、驚きにかわる。
夜、先生から直電が入る。 11/11 診察の詳細な時間の打ち合わせ、食事の注意点を頂く。
朝70% 夜30% の割合で与える。 自作食事内容の指導受ける。 脂肪の少ない肉(たんぱく質)を中心に摂取と指摘される。

今までの医療では限界を思い知らされていた。が・・・
中医学的な治療には、どの疾患においても、簡単に限界は訪れない。と
海には、まだ施す方法が、2種類も残されてると指導があり、海の外的な驚くほどの改善が、希望にかわり、ここ最近の不安ばかりの気持ちに、光がさしたように感じる。

ニックネーム 海パパ at 21:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

新しい治療方法の開始

11/1〜11/5
デソパン     体重1K当たり6mg投薬 計30mg
飲水量      450cc
夜間飲水     0回

11/5 
海がヘルニアで半身麻痺になりちょうど2年を迎える、その偶然同じ日に、新しい治療方法の説明を受けることになるなんて、想像もしていませんでした。  お友達に、先生に心から感謝いたします。

11/6
漢方投薬開始 
詳しくは先生の了解を頂いてから更新します。

”まだまだやれると確信しています” と本当に心強い言葉を頂く!
3日目当たりから即効性の、皮膚の石灰化、出血傾向の改善が見られるので、注意深く観察するよう指示あり。
便がゆるくなるかもという指摘もある。



ニックネーム 海パパ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

お詫び <(_ _)>

トリロスタン(デソパン錠)の毎日の投与量の訂正とお詫びです。

主治医から、3mg、6mg 口答で聞いていたものが、体重1kg当たりという言葉が僕にきちんと伝わっておらず・・・・・

デソパン 投与量  1K当たり 6mg  海の場合 体重5K弱ということで、毎日30mg 投与ということが、正確な情報です。

結果、こちらでは正確に伝わっていなかったことをお詫びします。
  
ニックネーム 海パパ at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

10/24〜10/31

デソパン     体重1K当たり6mg投薬 計30mg
飲水量      450cc〜500cc
夜間飲水     0回


この病気で切実なメールを頂きました。 その内のお一方のその内容の1部を、ご本人から承諾を頂、書くことにします。 ↓

12Kの♀mix 推定7才8才? 愛ちゃん 3週間ほど前に、クッシングと診断されました。
この病気が解るまでに色々本当に病院を転々として、それまでに考えられないほどの時間とお金がかかりました。 
この病に効くといわれたお薬代を聞いたとき、この先どうやって工面すればよいのか呆然としました。 とりあえずトリロスタンを頂帰宅しましたが、1日に¥6000円、月に¥18万 それ以外に検査費用など、私どもではとても継続できる金額ではなく、ただどうしようもなく  ”安楽*”を言われて泣いてばかりの毎日です。  続く・・・・

僕は、電話でと申し出て、快く承諾いただき、お話することが出来ました。今までのこと、これからのこと、本当にたくさん話しました。
でも、この病にはやはり2,3種類の投薬しか手立てがなく、でもそれを維持していくことは本当に大変なことなのです。 
海も将来下垂体が脳を圧迫する時が来れば、今は励ます側でも、そうなってしまったら、この方と同じことを考えないといけない時期が来ることも・・・・・ 不本意だけど覚悟しなければいけなくなります。 
本当に、やっとこの病気に希望の薬が見つかり、でもその金額で、して上げられないということに・・・・  そんなお友達の心を内を思うと 電話口で泣いておられる様子を伺って・・・考えれば考えるほど、どうしようもなく辛いことです。 
それぞれ御家庭の事情もおありだし、それぞれがそれぞれの最善を尽くすことしか・・・・   などとお話をすることしか、聞いてあげる事しか出来ませんでした。
 
ニックネーム 海パパ at 09:08| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

10/20〜10/23

デソパン     体重1K当たり6mg投薬 計30mg
飲水量      500cc
夜間飲水     0回

6mgに投薬を増やして、さらに2週続けて温泉に入れたりと、この一週間で首下の酷く脱毛している下の部分の石灰化が急速に柔らかくなり、改善が顕著に見られるようになりました。 
全体が改善傾向の見られると言うことで、投薬もこの状態を維持して、血液検査の頻度も少し間隔をおいて行えばどうかということになり様子を注意してみていくと言うことになりました。
先日こちらに来て頂けたchamahimeままさんのところのマーブルさんが、デソパンの副作用が出たと報告いただき、そのことも注意深く見ていかなくてはと思い、主治医にも報告。

ニックネーム 海パパ at 09:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

10/15〜10/19

デソパン     体重1K当たり6mg投薬 計30mg
飲水量      500cc
夜間飲水    0回

12時間ごとに トリロスタン6mgを、2度に分けて与える。
温泉に出かけた後、・中の石灰化が少しだけ、柔らかくなったような気がする。症状は進行していないようだ。
ただ、腹部の脱毛、擦り切れたような腫れ物、は一向に改善せず。

CT造影、MRIにより 副腎に原因はなく、下垂体腫瘍が原因と断定、このままトリロスタンの投与量を確定出来るまで、ACTH試験を一定間隔で行っていこうと言う判断。 許容量までまだあるので心配しすぎないように指示される。

ニックネーム 海パパ at 07:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

10/10〜10/14

デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      500cc
夜間飲水     0回

コルチゾール検査 
前 CLEIA  10.1
1h      >50 測定不能

結果、2週間前と改善なし。
デソパン3mgを 一気に6mg に

多飲などの臨床症状は改善あるも、数値が全く下がらない。
10日様子を見て、再検査になる。

ニックネーム 海パパ at 16:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

10/4〜 10/9

10/04
デソパン     体重1K当たり3mg投薬
飲水量      600cc
夜間飲水     0回

10/5
デソパン     体重1K当たり3mg投薬
飲水量      600cc
夜間飲水     0回

10/6
デソパン     体重1K当たり3mg投薬 
飲水量      600cc
夜間飲水      0回

10/7
デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg投与
飲水量      550cc
夜間飲水      0回

南動物病院主治医より電話あり。
今通っている近くの獣医主治医と詳細に連携していただけると言うことで、これからは全ての指示を主治医同士が話しあって、最終僕に伝わるようにしていただいた。


10/8
デソパン     体重1K当たり3mg投薬
飲水量      550cc
夜間飲水      0回

10/9
デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      500cc
夜間飲水      0回

ひめっちママと電話 同じクッシングの症状を持つもの同士3時間あまり話をする。 本当に勇気づけられ、この先の希望も見出せる。

ニックネーム 海パパ at 07:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

10/03

デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      600cc
夜間飲水     0回

お腹周りの状態が悪くなり、広がる。
前足肉球の状態も悪化、爪周りの脱毛。

ニックネーム 海パパ at 08:30| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

10/02

10/02
デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      650cc
夜間飲水     0回

放射線のスケジールは保留になる。
その理由として、USAにデータを送り、主治医、副院長、院長のカンファレンス結果で、下垂体腫瘍のこれ以上の拡大の継続検査を確認してからという結論になったそうだ。 つまりそれだけ切羽詰っていないといういう風に僕は理解することにする。
投薬コントロールは良好、このままさらに10日継続。

だが、着実に免疫力は落ちてる。 18日に発見した口元に出来たおできがいまだに治らない。 さらにお腹の皮膚全体ががフケのようにカサカサすげ落ちるようになる。

ニックネーム 海パパ at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

9/28 〜 10/01

9/28
デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      700cc
夜間飲水     0回

肝臓数値が高いため、馬肉食は一時やめる。
大学病院連絡からは、医原性か自然性かの原因特定不能。
海外の文献によれば、外部から摂取されたステロイド類が蓄積して副腎の機能を狂わせることは考えられるが、今は解明されていない。故に原因不明」と記述されていると教えて頂きました。
クッシングはワクチンの過剰摂取による場合もおおい。

背中の皮膚下石灰化が、背骨を中心に広がる 特に腰の辺りが硬化してきている。
2人主治医によれば、元に戻らない、戻ると意見は食い違う。


9/29
デソパン     体重1K当たり3mg投薬
飲水量      700cc
夜間飲水     0回

放射線治療の副作用を色々調べているが、東洋医学的には目に見える外部の腫瘍に関しては確かに有効かも知れないが、体内、まして頭部、生命の維持に不可欠な部位の照射はクッシングの症状を抑えることが出来る以上に違った重篤な副作用が出る。
やはり、穏やかな温存できる、漢方などの処方を薦めるとの話がある。


9/30
デソパン     体重1K当たり3mg投薬
飲水量      650cc
夜間飲水     0回

毎日の食事を、もう一度点検しなおす。
高カロリーな物を避ける、 ストラバイト結晶を抑えるために、ビタミンC、メチオニンなどの食品を多めに
さらに免疫力を上げるために、新鮮な生食にする。 赤身を多めに取り入れる。

納豆、豆腐、海苔、キャベツ、トマト、マグロ、豚の心臓、すりゴマ、胚芽米、
アーティチョーク、ビーツ、卵黄身、ヨーグルト、サプリはペットバーム、ビタミン類、AHCC、アミノ。


10/01
デソパン     体重1K当たり3mg投薬
飲水量      650cc
夜間飲水     0回

投薬している、トリロスタン(商) デソパンの臨床例、期間が獣医師界はまだ少なく、今後どんな副作用が出るのか予測不可能という
しかし、人症例の臨床結果は良好とのこと、 色々調べるが、読めば読むほど結論が出せない。
これで継続していくしかないのか・・・・

コルチゾール値高しているが、劇的に下がる様子はいまだない。
ミトタンも勉強してみないといけないのか。

背中の石灰化がこの3週間ほどで倍近くに広がり、温浴時にはその部位の脱毛も顕著。

ニックネーム 海パパ at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

9/27

デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      700cc
夜間飲水     0回


尿結晶対策 ビタミンCとメチオニン、 クランベリーで
PH試験紙を購入

■メチオニンが含まれる食品例

枝豆 / しらす干し / のり / マグロ / かつお / 卵 /
 
ニックネーム 海パパ at 06:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

9/26

デソパン     体重1K当たり3mg投薬 計15mg
飲水量      750cc
夜間飲水     1回

CT、MRI検査時に、膀胱に砂(のような物実際には地面にある砂ではない)がたまっていて、膀胱炎になっているといわれる。

今まで水分だけでコントロールしてきたが、飲水量を減らしてきた2週間あまりで今度は膀胱炎のことも考えないといけない。
この先血尿とか症状が悪化すれば、使える抗生剤が限られている今、それはどうしても避けなければいけない。 

主治医とも相談して、飲水量を、コントロールしてきた次元に元に戻すことにした。

脳下垂体に出来た腫瘍をこれ以上大きくしないよい方法を見つけなければ!  免疫力、自己治癒力をを上げる! その方法を探そう!


ニックネーム 海パパ at 07:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする